skip to Main Content

個人活動

登園後から「お集まり」の時間まで、またはクラス活動以外の子ども自身の主体的な活動の時間。
ままごとなどの見立てあそびや自由工作、砂あそび、ブランコ等の固定遊具、虫捕りなど興味の趣くままにすごします。

この時間のなかで・・・

あらゆる環境を自分の中に取り込みながら、思考と行動を繰り返し自らの要求を満たしていきます。そこには真の自由と喜びがあり、「生きる力」の礎となります。心身のたくましい成長に不可欠な活動であり、子どもの生活そのものです。
五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)は絶え間なく刺激され磨かれており、豊かな情緒性が育まれているのです。

クラス活動

教師の意図的な活動を子どもたちが共有する時間。全園児が参加する活動もあります。

自分の体験や考えを発表したり、絵画、製作、音楽リズム、体操など教師からも様々なことを学び、表現力を身につけていきます。子どもたちは同じ時間と
空間の中で互いに影響しあい認め合い、自分、そしてお友だちの存在価値を高めていきます。

体育指

体育指導

外部講師によってダイナミックな体育あそびが行われます。
年22回 火曜日 クラスごと

  • マット運動・なわとび・ボール・組体操・水泳指導・運動会の競技指導・他
  • 元気なお返事やあいさつなどもしっかりとやり、気合を入れて、子どもたちはやる気満々、自信満々です。

英会話

外部講師による指導。年24回~25回、毎水曜日。
クラスごとに行われます。

  • あいさつ、自己紹介
  • 歌やゲーム
  • イースターのたまごつくり

音楽あそび

外部講師のもと、多様な音楽表現を楽しみます。
月1回、月曜日クラスごとに行われます。

  • ピアノの音楽に合わせて、生き物に変身。時には乗り物に乗って、想像の世界を身体で表現
  • 紙など身近な素材を音楽の音色やリズムに合わせて丸めたり、びりびり裂いたり、素材と一体となってあそぶ
  • タンバリンや鈴など楽器の音やリズムを楽しむ

ポパイ教室

食育。園児の母親による指導で、子どもたちの関心が高まり、よく学んでいます。

  • 食べ物の栄養について、また体の中での働きを学びます。
  • 子どもたち自ら作って食べるなど実践をとおして、食べる喜びを味わい、感謝し、バランスよく食べることの大切さを知ります。
  • 食物を育む「土」に触れ、野菜の栽培も行うよう努めています。
Back To Top